ドリブル

ドリブル時の必須スキル

良いドリブルはどっち?

 


  1. 50%の確率で1人かわせる選手
  2. 10%の確率で1人かわせる選手

当然1ですよね。
では、


  1. 50%の確率で1人かわせるが、ボールロストの1%(0.5%)を自分で取り返す選手
  2. 10%の確率で1人かわせるが、ボールロストの40%(36%)自分で取り返す選手

うーんこれはどうなんでしょう。

単純なボール保持の計算では、

1が、50%+0.5%なので50.5%
2が、10%+36%なので46%

さらに、ドリブルで相手の裏に抜ける確率でいうと、
1は50%、2は10%なのでやはり1ということになるのでしょうか。

しかし、これはミクロな視点になります。

 

得点とは取るものではなく生まれるもの


少し話は逸れますが、
仮に、サッカーの目的を得点を取る事だとする時、
得点が入るには、どういう状況が起こる必要があるのでしょうか。

まず、得点とは取りに行って取れるものなのでしょうか。

相手がブロックを強いて攻撃に対応している状況で、
「はい、得点を取りに行くよ!!」
と言って取れるのでしょうか。

難しいですよね。

守備陣を崩すといっても、相手がいることなので当然相手次第にもなります。

得点とは、取りに行って、そう簡単に取れるものではないということです。
これは、基本的には、守備は攻撃に対応が出来うるということです。
異論はあるかと思いますが、話を進めていきます。

それでは、どういった状況で得点が生まれやすくなるのでしょうか。
それは、守備陣が万全の体制ではなく、攻撃に対応ができない時になります。

何らかの理由で、守備の対応ができないときに得点は生まれやすくなります。

では、その何らかの理由とは何でしょうか。
それは、予測を裏切られた時です。

 

虚をつく


予測とは、未来において、実現すると考えられる状況の選択肢であり、
その予測のおかげで、物事に対応ができます。

そして、予測を裏切られるとは、選択肢にないことが起こることです。

では、予測にないことが起こるとどうなるかというと、
動きが瞬間的に停止します。思考が混乱して、一瞬脳が命令を出せなくなるからです。

その間、ほんの0コンマ何秒かはわかりませんが、マヒした状態にあるのです。
要するに、予測を裏切られたことにより、思考が混乱し、さらに動きが止まり、守備網が一瞬マヒをするということです。

では、それはどういった状況で起こりうるのか、
それは守備陣が、守備から攻撃に移った瞬間に起こります。

この瞬間に守備陣は、守備から攻撃へマインドシフトが行われ、攻撃のスイッチが入ります。

そのスイッチが入った瞬間に、予想外のことが起こるとは?
つまり、攻撃のスイッチが入った瞬間、また守備側にまわされることです。

これにより瞬間的にマヒし、守備陣を立て直す暇もなく、相手の攻撃が突き刺さってきます。

このように、得点とは守備陣に予測ができないことが起こり、
守備網が一瞬マヒすることで生まれやすくなるのです。
故意であろうとなかろうとです。

要するに予測が出来ていれば対応ができるが、
予測が出来なければ対応ができないということです。

この相手のすきをつくことを有名な戦略言語で、「虚をつく」と言います。
戦いにおける重要戦略です。

虚をつくことで、得点が生まれやすくやるのです。

きょをつく【虚をつく】 相手の備えのすきをついて攻める。
虚を衝く(キョヲツク)とは – コトバンク

 

ドリブルにおけるマクロな視点


さて、少し脱線しましたが先ほどのドリブルの話に戻りますね。

ドリブルで相手に仕掛ける状態とは、当然相手側が守備の意識を持った状態をさします。

一人抜いたところで得点に直結しにくいのは、
守備陣がそれも含めて予測をしてるから、カバーリングで対応出来るためです。

一方、ドリブルで取られた瞬間に、自身で取り返すプレーとはどういうプレーか。
それは、単にマイボールにするという意味だけではなく、虚を衝くプレーにつながるのです。

相手側はボールを奪取し、攻撃にシフトした瞬間に、ボールを奪われるからです。

前者は対応できうる、後者は対応に困難なプレーです。

 

 

ドリブルの必須スキル


正直、どちらのプレーヤーが良質かは統計を取っていないのでわかりかねますが、
マクロの視点で行くと、リカバリーというのは、「虚を衝く」という観点から
得点に直結する可能性のあるプレーであることは間違いないです。

仮に、相手を抜く技術だけ身につけて、50%の確率で相手を抜けたとしても、
リカバリーの技術がなければ、残りの50%で味方チームが、
「虚を衝かれる」
プレーにつながる可能性があります。

攻守は表裏一体なのです。
相手を抜く技術と、リカバリーの技術はセットで考えなければいけません。


  1. 1vs1で相手を抜く技術
  2. 取られた瞬間から、すぐさまアプローチをかけれる動作
  3. アプローチをかけた後にボールを奪取する技術

全ては「体の使い方」と「意識づけ」です。

 

その他の虚をつくプレー


例として、他の虚をつくプレーを紹介しましす。

2人の関係での攻撃は、相手の予測がつきやすく対応されやすいです。
スルーパス、ワンツーなどの少ない選択肢の中での対応になります。

しかし、3人が絡んだプレーになると、一気に選択肢が増えて
相手の予測がつきにくくなります。

そのため、一瞬棒立ちになり、相手の裏を取る事が容易になります。

ここでは詳しくは述べませんが、3人でのプレーが有効な理由は、
予測がつかないことでDFの動きが一瞬止まるからです。

予測を裏切れば、足が止まり、先に動く事ができます。
そして、先に動くことが出来れば、相手の裏に出れるという事です。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. トラップ

    トラップにおける2W1H
  2. ドリブル

    ドリブル時の必須スキル
  3. リズムステップaxisトレーニング

    身体の軸とボールの関係性
  4. 運動神経

    サッカーは正しく歩くことから始めよう
  5. 指導者

    少年サッカーの指導者について
PAGE TOP